様々なご相談

京都市北区・中古物件のホームインスペクションを行いました。

京都市北区の中古物件を、ホームインスペクションにて調査いたしました。
ご購入を検討されている物件は、築30年の木造3階建てでした。
30年と言うと、気になる点も出てるく頃。この時点でのホームインスペクションは非常に良いタイミングだと思い実施させていただきました。

<報告>
①敷地:ほぼ正方形で12坪。道路は西面の6m道路に面する
②築30年  木造3階建て
③建蔽率60%,容積率200%  北区では珍しい3階立てが建てられる場所。
④建蔽率は90を超え、容積率は250%を超えている。違法建築物件
⑤平面計画が悪く耐震性はほとんどない。
⑥隣地いっぱいに建てられているため外壁のメンテナンスが不可能もしくは、外壁メンテナンスを行う場合隣地に足場等の設置することになる。すでに外壁のサイディングなどは防水性能がなく、コーキングの劣化、サイディング自身の劣化、一部モルタル部分もクラックが入り浮いている。
⑦屋根は確認不可。
⑧外部開口部は単板ガラスのサッシ
 



以上の調査内容を踏まえてケイ・ワタベでは下記をご提案致しました。

①最低限のリフォームに必要な内容を列記。
②その内容の伴う参考価格を提出。
③このことにより購入希望者が中古住宅の金額+購入にかかる諸経費+リフォーム費用などが明確になり、購入可能かどうかの判断が明確にできた。

<重要なポイント>
①リフォーム費用を導き出すための詳細な図面作成。
②ケイ・ワタベでは調査に加えて、図面作成の依頼を受けそれをもとにした参考価格を明示。
③うわべだけの見積もりは一切いたしません。
④理由は、リフォームでは必ずと言っていいほど追加工事が発生します。その追加工事の発生を最小限に収めるために詳細な図面を作成して参考価格を提示します。

弊社はここが違います。
図面作成費の返金:ケイ・ワタベが工事を依頼された場合、その金額に応じて図面作成費用は返金いたします。

このお客様は現状把握が詳細な部分まででき、結果としてリフォーム工事金額が把握が大きいこと加えて今後のメンテナンスに多大な不安を残すということで、購入は断念されました。
しっかりしたホームインスペクションを行ったことで、お客様には非常にお喜びいただきました。